×閉じる

Category カテゴリー

▼ご予約承り中

▼ドリル・メンテナンス

(コロンビア300)イラプション・パール【在庫限り】

画像をクリックして頂けますと大きく表示されます

  • モデル: ABS
  • 重量: 1kg
  • 0 在庫数
  • メーカー: コロンビア300

販売価格:45,100円  13,530円
割引: 70%OFF

数量:
  

商品詳細情報

商品説明

【 在庫限り 】

最強の万能コアが復活します。独特なコア形状は強い転がりをもたらし、継続性の高いアーク状の軌道を描きます。「リフレックス」カバーストックとの組み合わせは安定感を持たせ、ダイナミコア テクノロジーによりストライクを量産します。

ボールの評価(徳江和則プロ)

ERUPTIONと言えばEBI(EBONITE INTERNATIONAL)時代から定評があり、特に心臓部に収まっているResurgence Coreはとにかく転がりの良さが抜群で、それでいてバックエンドまで持続的に転がり続けるイメージは今でも鮮明です。当時から様々なカバーストックのボールを輩出してきましたが、どれも素晴らしく幅広いカバーストックに応用がきくものでした。今回、ブランズウィックマテリアルで復活を遂げ、Resurgence Coreのもつカバーストックを選ばない特異性な部分がまた新たな魅力を引き出し、今回、ERUPTION PEARLとして発売に至りました。テストの第一印象は、なんと言っても転がりの良さでした。EBI当時からERUPTIONの代名詞であった「転がり続ける持続性」はしっかり継承されていて、特に後半の転がりの良さは加速感さえ覚えます。そして一番の魅力はカバーストックとコアとのバランスの良さと言っても良いと思います。同等レベルのOUTLOOKと比較を行いましたが、Pearl素材ながら素材の上質さはキャッチとスキッドのレベルの高さに現れていますし、EBIから再調合されたReflexカバーストックはEBIとブランズウィック、二つの良い部分を掛け合わせたと思えるほど、ミディアムコンディションで抜群のパフォーマンスを感じさせてくれます。私のテストドライブで数ゲームそれぞれのボールと比較投球しながら検証を行いましたが、ストライク率が7割を超えるほどピンキャリーは絶品で、ダイナミコアとResurgence Coreの転がり感が相乗効果で表れている結果であることは言うまでもありません。このようなボールはボウラータイプを選ばず、多くの方に気に入って頂けるのは間違いなく、現在毎月多くのボールが発売される中で、扱いやすさと転がりの良さ、ピンキャリーまでを期待してボール選びを考えている方は第一候補に挙げるべきでしょう。

特記事項(徳江和則プロ)

走りの中にも持続的なキャッチを伴い、ピンヒットまで持続的に転がり、「自分のボールがいつもより転がっている」と思ってしまうほどの転がりの良さ。フランチャイズのコンディションで高得点を見出せる、そんなボールです。

ボールスペック

●カバーストック:Reflex
●コア:Resurgence
●RG:2.469
●ΔRG:0.043
●表面仕上げ:500, 1000, 1500 Siaair/Crown Factory Compound
●硬度:74~76°
●InterDiff:0.000
●カラー:Dark Blue/Purple
●ウエイト:12p~15p






ボール軌道ビデオ




各スペック一点在庫です。
在庫限りで終了となります。
更新遅れ等で販売済みの場合にはご連絡差し上げます。

商品画像について

商品画像については下記内容をご理解の上ご覧ください。

※ご使用中のパソコンのモニターおよび携帯電話のメーカー・機種・画面設定等により、実際の商品の色と異なって見える場合がございます。予めご了承ください。

※商品の画像はイメージとしてご覧ください。
(特にウエアはイメージ画像が多いため、仕上がりに若干の違いが発生する場合がございます)

※画像と実物の色や質感が異なる場合もございますが、性能・品質には問題ありませんのでご安心ください。

メール受信設定について

当ショップからの各種ご連絡メールが自動的に「迷惑メール」フォルダに振り分けられ、通常の「受信箱」で参照できない事例が多くなっています。当ショップからのご連絡を確実にお届けするため、今一度メールの設定をご確認いただきますようお願い申し上げます。
メール受信設定について

この商品は2021年10月14日(木)に登録されました。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

Copyright © 2022 BOWLERS’CRAFT noshiro. Powered by Zen Cart / zen-cart.jp